最強の酵素ドリンクはベルタ酵素で決まり?人気の酵素ドリンクの口コミや効果を検証します!

人気オススメ酵素ドリンクランキング【2019】

酵水素328選もぎたて生スムージー

危険?酵水素328選もぎたて生スムージー 成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

投稿日:





酵水素328選もぎたて生スムージーは、有名な芸能人も愛用している大変人気のある酵素ドリンクです!

なんと、酵水素328選もぎたて生スムージーで置き換えダイエットを行って、10キロも体重が減った人もいるのです。

 

ただ、酵水素328選もぎたて生スムージーに興味がある人の中には、

 

「配合成分は安全なの?」

 

とか、

 

「どのような成分が配合されているの?」

 

などと気になっている人もいるようです。

 

そこで今回は、酵水素328選もぎたて生スムージーの配合成分による副作用や安全性などについて、ご紹介していきます!

酵水素328選もぎたて生スムージーの購入を検討している人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

酵水素328選もぎたて生スムージーの配合成分をご紹介!

では、酵水素328選もぎたて生スムージーに配合されている全ての成分を見ていきましょう。

もぎたて生スムージーの全成分一覧

『ポリデキストロース(水溶性食物繊維)、還元麦芽糖、難消化デキストリン(水溶性食物繊維)、パパイヤエキス、ビルベリーエキス、食塩、グルコマンナン、植物発酵エキス(落花生・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・大豆・バナナ・もも・りんご・やまいもを含む)、エルダーベリー果汁末、カシスエキス、カルシウム(天然水由来)、クランベリー果汁末、コラーゲンペプチド(ゼラチン含む)、ストロベリー果汁末、プランタゴオバタ末、マキベリー果汁末、ラズベリー果汁末、リンゴベリー果汁末、りんご果汁末、ローズヒップ末、殺菌乳酸菌末/増粘多糖類、酸味料、セルロース、甘味料(アステルパーム・フェニルアラニン化合物・スクラロース)、ビタミンC、クエン酸鉄ナトリウム、ビタミンE、香料、ナイアシン、スピルリナ色素、ベニコウジ色素、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12』

酵水素328選もぎたて生スムージーには、びっくりするほど多くの成分が配合されていますね!

では、配合成分について詳しくご紹介していきますね。

 

植物発酵エキスが328種類も配合

年齢を重ねるとともに、どうしても体内の酵素は減ってしまいます。

すると、消化酵素が先に使われるので、痩せるのに必要不可欠な代謝酵素が少なくなってしまうのです。

代謝酵素が減ってしまうと代謝が低下してしまうため、脂肪が燃焼されにくくなって太りやすくてなかなか痩せない体質になるということです。

 

でも、酵水素328選もぎたて生スムージー を飲めば、フルーツや野菜を3年以上も熟成させた328種類の酵素エキスが含まれているので、たっぷりと体内に酵素を得ることができます。

その結果、代謝も上がるので、痩せやすい体質へと変わっていくでしょう。

 

植物原料由来のビタミンを11種類配合

酵水素328選もぎたて生スムージーには、植物原料由来のビタミンもしっかりと配合されています。

11種類ものビタミンが含まれているので、ダイエットをしているときに生じやすい肌荒れを防いで、免疫力を上げてくれます。

 

食物繊維が豊富なプランタゴオバタ

酵水素328選もぎたて生スムージーは、飲んだら腹持ちが良くなります。

それはどうしてかというと、水分が与えられると膨らむプランタゴオバタが配合されているからです。

プランタゴオバタは、食物繊維もたっぷりと含んでいるため、腸内環境が整えられて便秘も改善するでしょう。

 

18億個の乳酸菌を配合

酵水素328選もぎたて生スムージーには、善玉菌をアップする乳酸菌が18億個も含まれています。

乳酸菌は、糖の分解や腸内環境を整える効果があるので、高血圧を抑えて免疫力を上げてくれます。

 

酵水素328選もぎたて生スムージーの副作用は大丈夫?

酵水素328選もぎたて生スムージーは、薬ではなく健康食品なので、副作用はないと言えます。

ただ、過剰摂取してしまうと、下痢や嘔吐などを生じることがあるため、1日の摂取量にきちんと従うようにしてくださいね。

 

酵水素328選もぎたて生スムージーを飲んで、もし異変を生じた場合は、すぐに使用を止めて医師に診てもらいましょう。

また、通院している人、薬を服用している人、アレルギーがある人、妊娠している女性は、酵水素328選もぎたて生スムージーを飲む前に、医師に相談することをおすすめします。

 

馴染みのない配合成分の安全性について

酵水素328選もぎたて生スムージーの配合成分表を見てみると、

 

「これって何の成分なの?」

 

というような聞いたこともない成分が配合されていますよね。

 

そこでここでは、あまり馴染みのない成分についてご紹介していきます。

ただ、成分を単体で摂取したときと何かと混ぜて摂取したときは、副作用の生じ方が異なるので、この点は踏まえて参考にしてください。

 

セルロース

セルロースは、ブドウ糖(グルコース)が鎖のようにたくさん結びついている成分です。

世界で一番たくさんある炭水化物になります。

 

セルロースは、海藻、サツマイモ、トウモロコシなどの食物が原料である不溶性食物繊維で、サプリの製造過程では、主に賦形剤や増粘剤(ぞうねんざい)として利用されています。

 

賦形剤は、錠剤のサイズや形を整える目的で配合されていて、増粘剤は粘りを出す目的で配合されています。

つまり、セルロースを配合すると、粘りが出て栄養成分が固まりやすくなるので、錠剤にしやすいということですね。

 

セルロースは、食物や海藻が原料なので、毒性はほとんどありません。

そのため、あまり心配しなくて良い成分だと言えます。

 

アステルパーム・フェニルアラニン化合物・スクラロース(甘味料)

アステルパームとフェニルアラニン化合物

低カロリー甘味料のパルスイート、お菓子、ジュースなどによく利用されている成分です。

 

なんと砂糖の100~200倍の甘みがあり、L-フェニルアラニン化合物と食品表示されています。

どうしてかというと、フェニルアラニン化合物を代謝できないフェニルケトン尿症を、ひどくしてしまうためです。

 

脳腫瘍、ガン、白血病と強い関係があるという可能性があり、2015年に開かれた日本アレルギー学会では、人工甘味料はアレルギー性気道炎症を悪化させるということが発表されています。

喘息を持つマウスに、人工甘味料のアスパルテームを与えたところ、アレルギー性気道炎症を生じたという内容です。

 

人工甘味料は用量依存性にマウスアレルギー性気道炎症を増悪させる

【結果】
ダニアレルゲン感作及び気道内投与により、好酸球を主体とする炎症細胞浸潤と杯細胞過形成を特徴とするアレルギー性気道炎症が発症した。
【結論】
アスパルテーム投与によりアレルギー性気道炎症の増悪が認められた

出典:日本アレルギー学会

 

スクラロース

スクラロースには、砂糖の約600倍もの甘味があり、ガム、お菓子、ジュース、乳飲料、アルコール類などに利用されている成分です。

甘さがあるけど虫歯にならない、血糖値やインスリン値に問題ない、と言われているのですが、138℃以上の熱を与えると、有害な塩素系ガスを生じるため、国会で安全性について問題となったことがあります。

 

アメリカのワシントン大学医学部研究チームは、スクラロースには糖尿病の発症につながる危険性があるということを発表しました。

スクラロースについては、「摂取すると、血中のインスリンおよびグルコース反応の増強に関連していることが判明した。

このことはⅡ型糖尿病の発症につながる」(米国ワシントン大学医学部研究チーム)との報告がある。

出典:ビジネスジャーナル

 

スクラロースは、1999年に食品添加物として指定された人工甘味料なので、どちらかというとまだ新しい成分になります。

そのため、実験結果がまだあまりないので、安全性についてははっきりしていません。

 

香料

香料は大きく分けて、天然由来の香料と合成の香料があります。

加工食品や飲料によく利用されている香料は、合成香料になります。

 

合成香料は、種類がたくさんあり低価格です。

また、組み合わせることで、香りを無限に作り出すことができるという特徴もあります。

 

ただ、香料は、香料として加えられる添加物に危険性があります。

でも、どのような添加物が香料として加えられているのかは、製造会社などに問い合わせたら答えてくれるかもしれませんが、そうでもしない限りわたしたちは知ることができません。

 

そのため、

 

どのような添加物が香料として添加されているの?

 

と心配になることもあるでしょう。

でも、実は、香料は他の添加物よりも、配合量がとても少ないことが多いので、そこまで心配する必要はないと言えます。

 

パッケージに記載されている原材料表示を見ると、香料は表示欄の終わりのほうによく記載されていますよね。

原材料表示は、原材料の重量が多い順に記載されているため、香料の量は少ないということです。

そのため、香料よりも、ph調整剤などの配合されている量が多い他の添加物を気にすることが、より重要になります。

 

ナイアシン

ナイアシンはニコチン酸とニコチンアミドのことで、水溶性ビタミンB群になります。

水溶性ビタミンであるナイアシンは、ニコチンアミドは1型糖尿病の治療薬、そしてニコチン酸は脂質異常症(高脂血症)の治療薬として利用されています。

 

しかし、たくさん体内に取り入れてしまうと、消化不良、ひどい下痢や便秘、肝機能低下、劇症肝炎が生じることがあります。

つまり、過剰摂取によって、消化器系や肝臓にダメージが与えられる可能性が高い成分ということです。

 

スピルリナ色素

海洋植物であるスピルリナは、0.3~0.5mmくらいのらせん状の藻で、小さいけれども高い栄養素がある成分です。

スピルリナ青という添加物として利用されますが、海産物にアレルギーがある場合は注意が必要です。

アレルギーが後になって出ることもあるので、アレルギーに不安がある人は、医師に確認することをおすすめします。

 

紅麹(ベニコウジ)色素

食品添加物の紅麹は、着色するために利用されます。

また、着色だけでなく、サプリにも配合されています。

紅麹色素に使われる紅麹菌に、血圧低下やコレステロール抑制の効果が期待できるからです。

 

ラットに紅麹色素を混ぜた餌を与えて、紅麹色素の安全性に関する実験が行われました。

ちなみに、ラットは、野生のドブネズミを実験用に改良した飼養変種になります。

2.5%以上の紅麹色素を餌に混ぜて、ラットに13週間食べさせた結果、毒性があることがわかりました。

研究結果の信頼性を確かめる国立健康・栄養研究所も、紅麹色素には少なからず毒性があるとしています。

 

また、胃炎、腹部の不快感、肝臓酵素活性の上昇、なども報告されているため、妊娠している女性や授乳している女性が体内に取り入れると、胎児や乳幼児に悪い影響を生じる可能性があるかもしれません。

 

まとめ

酵水素328選もぎたて生スムージーの配合成分による副作用や安全性などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

酵水素328選もぎたて生スムージーは薬ではないので、副作用はないということがわかりましたね。

でも、過剰摂取をしてしまうと、下痢や嘔吐などを生じることがあるため、1日の摂取量は守るようにしましょう。

 

酵水素328選もぎたて生スムージーを毎日の生活に上手に取り入れて、ダイエット効果や健康効果を実感してみてくださいね!

 

 







よく読まれている記事

★最安値公式サイトはコチラ!★★




★大人気ベルタこうじ生酵素はコチラ!★




★最安値公式サイトはコチラ!★
大人気コンブチャクレンズ!


-酵水素328選もぎたて生スムージー

Copyright© 人気オススメ酵素ドリンクランキング【2019】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.