最強の酵素ドリンクはベルタ酵素で決まり?人気の酵素ドリンクの口コミや効果を検証します!

人気オススメ酵素ドリンクランキング【2019】

クレンジング酵素 酵素ドリンク

危険?クレンジング酵素0成分は安全?健康被害・副作用は大丈夫?

投稿日:





 

クレンジング酵素0は、高いダイエット効果や美容効果が期待できるということで、今大変人気のある商品です!

姉ageha専属モデルでブロガーとしてもよく知られている小原優花さんが、クレンジング酵素0のプロデュースをされています。

 

でも、有名人によるプロデュースの商品は、

 

「安全性は大丈夫なの?」

 

と思われることも少なくないようです。

 

そこで今回は、クレンジング酵素0の成分による安全性や副作用などについて、詳しくご紹介していきますね!

クレンジング酵素0に興味がある人は、ぜひチェックしてみてください。

 

クレンジング酵素0の副作用は大丈夫?

クレンジング酵素0は、薬ではなく健康食品になります。

気になる副作用ですが、クレンジング酵素0を飲んで副作用が出たという報告は、特にありません。

 

クレンジング酵素0の口コミもチェックしてみたところ、副作用についてはっきりしたコメントなどはありませんでした。

以上のことから、クレンジング酵素0は、安全性が高いと言えますね。

 

ただ、クレンジング酵素0の副作用は心配する必要がないと言えますが、好転反応が起こることはあるので、次に好転反応について詳しく見ていきましょう!

 

好転反応と副作用を勘違いしないこと

クレンジング酵素0には、特に副作用の心配はないということがわかりました。

しかし、クレンジング酵素0を飲んだ人の中には、頭が痛くなったりカラダがだるくなったり眠気を感じたりした人もいます。

 

実は、上記の症状は、酵素を体内に取り入れたときの好転反応になります。

カラダが改善されるときに、カラダが反撃しようとするので好転反応が起こるのです。

なので、クレンジング酵素0を飲んで普段と体調が変わっても、そんなに心配しないでくださいね。

 

好転反応の症状は、長い人でも数日でおさまります。

もし1週間経っても症状が続いていたり、症状に耐えられなかったりするときは、我慢をせずにクレンジング酵素0を飲むのを止めて、お医者さんに診てもらってくださいね。

 

好転反応が起こると、一時的ではありますがカラダの調子が悪くなるため、クレンジング酵素0の摂取をストップするかどうかの判断が少し困難なところがあります。

でも、酵素を体内に取り入れると好転反応が起こるということを知っていると、カラダの調子が悪くなってもあまり心配にはなりませんよね。

 

好転反応の症状が気になる場合は、カラダが慣れるまで飲む頻度や量を少なくしたりして、調節してみてくださいね。

 

クレンジング酵素0によるアレルギーに注意

クレンジング酵素0は、薬ではなく健康食品なので、配合成分で副作用が生じる心配はないということをご紹介してきました。

ただ、好転反応が起こったり、原材料が体質に合わないこともあります。

 

食物アレルギーがある場合は、クレンジング酵素0の摂取がおすすめできないこともあるので注意が必要です。

クレンジング酵素0には、日本ではあまり馴染みのない成分も配合されているため、詳しくみていきましょう。

 

クレンジング酵素0の配合成分をご紹介

クレンジング酵素0には、次のような成分が配合されています。

 

果糖ぶどう糖液糖、コラーゲンペプチド(ゼラチン)、デキストリン、野草発酵エキス(やまいも・リンゴを含む)、プラセンタエキス(馬由来)、ビルベリーエキス末、カムカム果汁パウダー、クコの実抽出物、マキベリー果汁、ブロッコリースプラウトエキス末、酵素処理燕窩末、クエン酸、クエン酸ナトリウム、香料、安定剤(ペクチン)、甘味料(スクラロース、ステビア、アセスルファムカリウム)、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12、ヒアルロン酸、白金

 

では、上記の成分から特に気になる成分を選んで、詳しくご紹介していきますね!

 

希少なシアル酸

シアル酸は、本来はわたしたちのカラダの母乳や唾液にあるアミノ酸になります。

感染症を防ぐという働きをしてくれるため、感染源に免疫がない赤ちゃんがシアル酸が入っている母乳を飲むと、感染症にかかりにくくなるのです。

 

シアル酸には、皮膚を正常にキープするという働きもあります。

コラーゲンやヒアルロン酸などの美肌を作る成分が足りない箇所に先に送る性質があるので、高い美容効果も期待できる成分になります。

 

シアル酸は、わたしたちの母乳や唾液に含まれているため、副作用やアレルギーの心配は特にありません。

ローヤルゼリーやツバメの巣にもシアル酸は含まれていますが、大変希少なアミノ酸なので、サプリによる摂取がおすすめです。

 

高い抗酸化作用がある白金ナノコロイド

白金ナノコロイドは、プラチナである白金を、2ナノメートル(10億分の2メートル)に小さくした成分です。

厚生労働省によって、食品添加物として認定されている成分になります。

 

白金ナノコロイドには、強い抗酸化作用があります。

11種類もある活性酸素を全て取り除くという研究結果があるくらいの高い抗酸化作用です。

 

コエンザイムQ10やα-リポ酸も、抗酸化物質として有名ですよね。

でも、これらは11種類のうちの特定のものにだけ働きかけるので、白金ナノコロイドはコエンザイムQ10以上の抗酸化物質として注目されている成分になります。

 

ただ、金属を体内に取り入れることになるので、不安を感じる人もいるかもしれませんね。

でも、白金ナノコロイドは長い間カラダに存在するという危険性がないし、化学変化を起こして錆びたりすることもありません。

白金ナノコロイドは、安全性が認定されている成分なのです。

 

なので、白金ナノコロイドは、一般的な金属アレルギーがあっても問題ないと言われているのですが、アレルギーの症状や度合いで異なるため、医師に確認してから摂取するほうが良いでしょう。

 

スルフォラファンが豊富なブロッコリースプラウト

新芽であるスプラウトの食材は、テレビ番組で高い栄養価や効能が紹介されてから、人気のある食材となっていますね。

特に、ブロッコリースプラウトは、ファイトケミカルであるスルフォラファンがたっぷりと入っています。

なんとブロッコリーの約7倍のスルフォラファンが含まれています。

 

スルフォラファンには、解毒作用、免疫力アップ、肝機能向上、花粉症予防などの効果が期待できます。

ただ、ブロッコリーにアレルギーがある場合は、ブロッコリースプラウトの摂取は注意が必要です。

 

ビタミンCが豊富なカムカム

ペルーのアマゾン川流域の熱帯雨林地帯が原産地であるカムカムは、フトモモ科の植物になります。

カムカムは、世界一ビタミンCの含有量が多いスーパーフルーツとして、よく知られていますね。

 

カムカム果汁100gに、ビタミンCがなんと約3,000mgも含まれています。

レモンの約60倍、そしてアセロラの約2倍の含有量です。

 

ビタミンCだけでなく、ポリフェノールもカムカムにはたっぷりと含まれています。

カムカム果汁100gに、ポリフェノールがなんと約1,400mgも含まれているのです。

赤ワインの7倍の含有量で、高い抗酸化作用があります。

 

さらにカムカムには、美肌効果、風邪などの感染症の防止と改善、ストレスの耐性強化、疲労回復、コレステロール値を下げるなどの効果が期待できます。

 

ただ、ビタミンCが豊富な食材は、利尿薬を摂取している人が体内に取り入れると、ビタミンCと利尿薬の働きで腎臓結石や尿路結石の危険性が高まってしまいます

一般的にはビタミンCなどの水溶性ビタミンは、過剰摂取すると体外に排出されるだけで問題ないのですが、和尿薬を摂取しているときは注意が必要になります。

 

また、ビタミンCだけでなく、薬の成分で思いもよらない相互作用が起こることもあるため、薬を摂取している場合はまずは医師に相談してみてくださいね。

 

漢方薬としても利用されるクコの実

クコの実は、中華料理やデザートによく使われている食材です。

昔からクコの実は、漢方薬としても使われてきました。

免疫力アップ、血圧や血糖値の低下、抗脂肪肝、心身の強壮、眼精疲労回復、免疫アップなどの効果が期待できるスーパーフルーツになります。

 

また、クコの実には、ビタミンCやポリフェノールなど色々な栄養がたっぷりと含まれていて、海外ではゴジベリーとして知られています。

クコの実の美容効果も期待されていて、体内でコラーゲンを生成してコラーゲンが失われるのを保護する働きがあります。

 

ただ、クコの実はカムカムと同じくビタミンCがたっぷりと含まれているため、利尿薬を摂取している場合は、まずは医師に相談することをおすすめします。

女性のホルモンバランスに作用するβ―シトステロールもクコの実に含まれているため、妊娠している女性や授乳している女性も、まずは医師に相談してみてくださいね。

 

デルフィニジンが豊富なマキベリー

チリ南部のパタゴニアに生息するマキベリーは、ホルトノキ科のマキの果実になります。

チリでは、マキベリーは古来から、抗炎症薬、解熱剤、下痢止めなどに利用されてきました。

人工栽培はされていないし、1月から3月までの非常に短い期間にだけ熟すので、とても希少な果実です。

 

マキベリーは、日本ではあまり知られていませんが、アメリカではネクストアサイーと言われているくらい注目されています。

ポリフェノールがたっぷりと含まれていて栄養価も高いため、マキベリーは、スーパーフルーツの王様とか一番抗酸化作用が高いフルーツとも言われているくらいです。

 

ビタミンC、アントシアニンから生じるポリフェノール、ビタミンA、鉄、カリウム、必須脂肪酸、食物繊維などが、マキベリーには含まれています。

アントシアニンの中でも抗酸化力が高いデルフィニジンがたっぷりと含まれているので、美肌効果、アンチエイジング効果、抗炎症作用、糖尿病予防、抗がん作用なども期待できるでしょう。

 

マキベリーから生じるアレルギーの報告や、過剰摂取によるカラダへの悪影響などの報告は、見当たりませんでした。

ただ、ポリフェノールがたっぷりと含まれていて血糖値を低くする働きがあるため、ポリフェノールに反応しやすい人やインスリンなどの糖尿病治療をしている人は、低血糖症に注意してくださいね。

 

日本では、今までにホルトノキ科の果実を食べる習慣がなかったため、食物アレルギーがある場合は、まずは医師に相談することをおすすめします。

 

クレンジング酵素0があまり向いていない人

クレンジング酵素0は、次のような人にはあまりおすすめできません。

 

  • クレンジング酵素0の配合成分にアレルギーがある人
  • 白金(プラチナ)が配合されているので金属アレルギーがある人
  • 利尿薬など薬を摂取している人
  • 妊娠している女性や授乳中の女性
  • 糖尿病の治療をしている人(インスリン投与など)

 

上記に当てはまる人は、クレンジング酵素0を購入したり飲んだりする前に、医師に相談するようにしましょう。

 

まとめ

クレンジング酵素0の成分による安全性や副作用などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

クレンジング酵素0は薬ではなく健康食品なので、特に副作用の心配はないということがわかりましたね。

 

ただ、酵素を体内に取り入れることによって、好転反応が起こることがあります。

好転反応は長くても数日でおさまりますが、1週間も続いたり症状がひどかったりする場合は、クレンジング酵素0を飲むのを止めてお医者さんに観てもらいましょう。

また、アレルギーがある場合は、クレンジング酵素0に配合されている成分に注意する必要があります。

クレンジング酵素0を毎日の生活に上手に取り入れて、その効果をしっかりと実感してみてくださいね!

 







よく読まれている記事

★最安値公式サイトはコチラ!★★




★大人気ベルタこうじ生酵素はコチラ!★




★最安値公式サイトはコチラ!★
大人気コンブチャクレンズ!


-クレンジング酵素, 酵素ドリンク

Copyright© 人気オススメ酵素ドリンクランキング【2019】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.