最強の酵素ドリンクはベルタ酵素で決まり?人気の酵素ドリンクの口コミや効果を検証します!

人気オススメ酵素ドリンクランキング【2019】

ダイエット ファスティング

ファスティング中の頭痛には7つの原因が関係してる!?予防法はあるの?毎回起きるもの?

投稿日:





ファスティングダイエットを行っているときに頭が痛くなってしまうと、ファスティング(断食)を継続しても大丈夫なのかどうか心配になりますよね。

ファスティングを行うと頭痛がすることは多いです。

ファスティングに挑戦したほとんどの人が、頭が痛くなるという症状を体験しているのです。

でも、頭が痛くなる原因やその対処方法を知れば、不安になることはありませんよね。

そこで今回は、ファスティングを行っているときに生じる頭痛の原因を7つほどご紹介していきますね。

また、それぞれの原因への対処方法や予防法もお伝えしていくのでぜひ参考にしてみてください。

 

ファスティングで頭痛が生じる原因7つ

ファスティングに挑戦すると、気になるのが頭痛ですよね。

実際にネット上で、

 

「ファスティング 断食」

 

などと検索してみると、関連ワードの上のほうに頭痛が表れます。

このことから、たくさんの人がファスティングを行っているときの頭痛に悩んでいるということがわかります。

ただ、いつも栄養バランスの整った食生活をしている人や生活習慣が良くなくてもいつも元気な人は、頭が痛くなることはめったにありません。

また、ファスティングを行うと頭痛が起こるのは当たり前と思っていたら、頭が痛くならなくて肩透かしをくらう人もいます。

 

ファスティングを行ってすぐに頭が痛くなる人は、生活習慣が乱れていてホルモンバランスが崩れていたり、偏った栄養バランスの食生活をしていたりする人が多いです。

頭が痛くなるのは好転反応の証だとよく言われていますが、好転反応は原因があるからこそ生じる症状になります。

ファスティングでカフェインを取らなくなることが、頭が痛くなる主な原因として挙げられます。

日常的にコーヒー、紅茶、緑茶、ジャスミン茶というようなカフェインが含まれた飲み物を飲んでいる人は、ファスティングでカフェインの摂取をストップすることによって頭が痛くなるのです。

 

他にも頭が痛くなる原因がありますが、その原因を理解して予防する方法や対処する方法を知っておけば、ファスティングダイエットを安全に行えるので安心してくださいね。

ファスティングによって頭痛が生じる原因は、上記でご紹介したカフェインを抜くことの他に低血糖、鎮痛剤や添加物の蓄積、ミネラル不足、プロスタグランジンに対する過剰反応、ファスティングを行うことに対する緊張などが挙げられます。

では、それぞれの原因について詳しくご紹介していきますね。

 

カフェイン、カゼイン、グルテンを抜くことが原因

ファスティングを行うことによって中毒性がある薬物にやや似ているカフェイン、グルテン、カゼインを摂取しなくなると、離脱症状が起こって頭が痛くなることがあります。

これらの成分を抜くことによる頭痛は、抜いてから約3日くらいで生じることが多いです。

ファスティングダイエットの準備食期間にカフェイン、グルテン、カゼインを抜いて頭が痛くなった人は、離脱症状から生じる頭痛が起きている可能性が高いです。

なので、日常的にカフェイン、グルテン、カゼインを摂取している人は、ファスティングを始める1週間前くらいからこれらの成分を抜くことをおすすめします。

 

低血糖が原因

人間のカラダは血糖値が下がってしまったら、アドレナリン、コルチゾール、グルカゴン、成長ホルモン、甲状腺ホルモンなどのホルモンが分泌されて血糖値をアップしようとします。

でも、日常的に甘い物や糖質が高い物を食べていたり、いつまでも食べていたりたくさんの量を食べていたり運動をしていなかったりする人は、血糖値が下がることのない生活を過ごしているので、自力で血糖値をアップする働きが弱っています。

そのため、いざ血糖値を上げなければならない場合にホルモンの分泌がスムーズにいかなくなるので、低血糖の状態にはまってしまうのです。

また、副腎疲労で血糖値をアップするアドレナリンやコルチゾールなどの働きが悪くなっている人も、低血糖にはまってしまいます。

 

その結果、頭が痛くなったり頭がフラフラしたり痙攣などが起きたりして、倒れてしまうこともあるでしょう。

最悪のケースでは、命に関わることもあります。

低血糖で頭痛が生じる場合は、糖を摂取することが大切です。

なので、発酵ドリンクを飲めば良いのですが、糖を単純に摂取すれば良いというわけではありません。

ファスティングを行っているときは、糖とマグネシウムを併用することがポイントです。

マグネシウムは糖の代謝にとても大切なミネラルです。

 

また、ファスティングを行うときはケトン体が分泌されることも大事です。

ケトン体とは何かというと、糖が枯れることによって脂肪から生成される糖の代わりのエネルギーのことになります。

心臓、脳、筋肉などにスムーズに届けられるエネルギーで、脳ではα波が分泌されるのを助けます。

糖質の摂取をできるだけ少なくすれば、このケトン体の分泌をアップすることができます。

つまり、できるだけ少ない糖質を取り入れてエネルギーを効率良く生成するためには、マグネシウムはとても大切だということですね。

 

田中式ホリスティックファスティングでは、吸収性が高いマグネシウムが含まれた発酵ドリンクが使用されています。

そのため、低血糖で頭が痛くなる人も問題なくファスティングができるでしょう。

せっかく酵素ドリンクを摂取しても、マグネシウムが含まれていないものを飲んだ場合は頭が痛くなることがあるため注意してくださいね。

また、イオン化されている高い吸収性がある液体のマグネシウムをプラスすれば、ファスティングの効果がより発揮されるでしょう。

 

添加物の蓄積が原因

ファスティングを行っているときに頭が痛くなる主な原因の1つに、添加物や化学物質が溜まって生じる炎症による頭痛があります。

今の時代では加工食品、インスタント食品、冷凍食品、コンビニやスーパーなどの惣菜、スナック菓子などをたくさん食べる人が多いし、小麦に含有される残留農薬なども合わせると化学物質をかなり摂取しているので、体内に化学物質が溜まっています。

化学物質がカラダの中にたくさん取り込まれた場合、添加物、化学調味料、農薬などは肝臓の働きによって体外へと排出されます。

でも、排出する量や肝臓が働く能力などには、薬が聞きやすい人と効きにくい人がいるのと同じで個人差があります。

 

化学物質は体内に取り入れてもすぐにダメージとして表れないため、体内に溜まってもダメージとの因果関係や原因がわかりにくいと言えます。

カラダに対して化学物質は異物で酸化物質なので、脳やそれぞれの細胞に化学物質が侵入するのを避けるために、免疫細胞、肝臓、腎臓が必死になって活動して体外へと化学物質を排出します。

例を挙げると、化学調味料として有名なグルタミン酸ナトリウム(MSG)は、たくさん体内に取り入れてしまったら舌がしびれたり胃や気分が不快になったり尿が臭ったりするようになります。

老廃物を排出する尿が臭くなるのは、カラダに有害であるアンモニアが原因です。

 

化学調味料はカラダに有害だと考えている人と無害だと考えている人がいますが、尿に臭いがするということは体内に何らかの問題があるからだと言えるでしょう。

肝臓や腎臓はファスティングを行っている間も、エネルギーが足りなくなっているのに必死になって活動します。

カラダに化学物質が溜まっている場合は、肝臓や腎臓はさらなる努力を排出のために使わなければなりません。

 

少し話しがずれましたが本題に戻りますね。

ファスティングを行っていると、脂肪はなんと10~100倍くらいも燃焼するようになります。

オメガ6系脂質のリノール酸やアラキドン酸が体内に多い人は、脂肪が10倍~100倍も促されるようになるため、リノール酸やアラキドン酸から生成される炎症や発熱を生じるホルモンのプロスタグランジンE2(PGE2)が過剰に分泌されて頭が痛くなるのです。

後でプロスタグランジンについてはお伝えしていきますね。

 

このケースで頭痛が生じる場合は、炎症や活性酸素を抑制すれば頭痛が緩和されるでしょう。

水素を出すマグマソルトを舐める、あるいはマグマソルトのお湯に浸かって肌にダイレクトに水素を取り入れるようにすれば、炎症や活性酸素が抑制されます。

また、高い還元力がある梅干しを口にしたり水素ガスを吸入するなどして、活性酸素を処理しながらマイナス電子を体内に取り入れて炎症を抑制することもおすすめです。

 

活性酸素の処理をサポートする肝臓や腎臓の疲れを除去することも大切なので、含流アミノ酸が含まれていて人工甘味料が使われていないマルチアミノ酸やタウリンのようなアミノ酸サプリを摂取してくださいね。

そうすれば、ダメージを受けている肝臓や腎臓が元気になるので、活性酸素を始末しやすくなり早く頭痛を和らげることが可能になるのです。

 

薬や鎮痛剤の蓄積が原因

解熱剤や鎮痛剤には、ロキソニン、アスピリン、イブプロフェン系などの成分が配合されています。

これらの成分は、発熱や炎症を生じるプロスタグランジンE2の生理的な働きを抑制します。

また、薬を摂取する量が多くなるとそれに比例して細胞が持つ働きがおかしくなり細胞の状態が壊されてしまいます。

偏頭痛に悩まされていてたくさんの薬を摂取している人は、ファスティングを始めた頃は1日に1錠だけ薬を摂取していたのに、ファスティングを続けていくと薬が効かなくなって薬を飲む量が増えていき体調も悪くなってしまう、という悪循環にはまっている状態という可能性が高いです。

 

薬は痛みを抑えるための一時的なものなので、薬によって偏頭痛が治ると誤解しないようにしてくださいね。

このケースでは、薬に頼るよりも根治療法を行うことがポイントになります。

いつも鎮痛剤を摂取している場合でも、プロの指導に従ってファスティングをしているときは、頭が痛くなっても
鎮痛剤は摂取しないことをおすすめします。

もし痛みに耐えられないときは、鎮痛剤を半分くらい摂取して様子をみるようにしてくださいね。

 

ファスティングを始めた頃はけっこうきつくて大変ですが、2、3日くらいで落ち着きます。

頭痛がひどい場合でも、4日くらいでおさまるでしょう。

実際に、ファスティングを実施して偏頭痛がなくなった人がたくさんいます。

なので、偏頭痛も薬も必要のない生活が来ることを楽しみにしながら辛い時期を乗り切りましょう。

偏頭痛を改善した人のコメント

 

とは言っても、痛みにただ我慢するというのは危険なことでもあります。

そのため、マグマソルトを絶えず摂取して炎症を抑制すると同時に、含流アミノ酸が配合された人工甘味料が使われていないマルチアミノ酸やタウリンなどを摂取するようにしましょう。

少なくとも1日に3回くらいは摂取してくださいね。

このようにして肝臓や腎臓の炎症や活性酸素に取り組めば、腎盂腎炎になる危険性も低くなるでしょう。

 

ただ、プロの指導なしで上記のことを行うのは心配ですよね。

その場合は、無理をしないようにしてファスティングをストップしましょう。

そして、回復食を口にすれば脂肪の燃焼が抑えられるので落ち着くはずです。

どうして回復食を口にすると落ち着くのかというと、糖質をたくさん摂取すると脂肪の燃焼が減るので、炎症や発熱を生じるPGE2の分泌が少なくなるからです。

だいたい2日くらいで落ち着くはずですが、さきほどもお伝えしたようにサプリを摂取するとより早い回復が期待できます。

 

おすすめの回復食は、フルーツと野菜のスムージー、すりおろしたリンゴ、ご飯とお味噌汁などです。

ただ、ご飯とお味噌汁を食べる場合は、しっかりと咀嚼をして唾液をたっぷりと出しながら食べるようにしてくださいね。

ちなみに、ご紹介したおすすめの回復食は、マグネシウムなどを含んだ発酵ドリンクを摂取してファスティングをしたときのものになります。

これ以外のファスティングを行っている場合は、回復食は異なるので注意してくださいね。

 

プロスタグランジンの過剰反応が原因

栄養の偏った食生活をしていたり、コンビニ、ファストフード、インスタント食品、お菓子などをよく食べていたり、料理にサラダ油のようなペットボトル入りの質の悪い油を使用していたりする人は、プロスタグランジンの過剰反応による頭痛が生じやすくなります。

また、外食産業でよく使用されるような質の悪い油を使用した揚げ物、お菓子やパンなどに使用されるマーガリンやショートニングのようなトランス脂肪酸をたくさん摂取したりしている人も、プロスタグランジンの過剰反応による頭痛がよく起きています。

これらの油はリノール酸やアラキドン酸による炎症や発熱を生じるオメガ6系の脂質になります。

そのため、体内や細胞に蓄積されていた脂質がファスティングを始めるとかなり排出されることになるため、頭が痛くなってしまうのです。

 

ファスティングを行っているときは糖質の摂取量が減少されるため、体内のエネルギーが足りなくなってしまいます。

体内のエネルギーが不足したら、糖の代わりとなるエネルギーを生成しないといけなくなるので、いつもの10倍~100倍くらいのスピードで脂肪が分解されてケトン体が増えます。

脂肪分解酵素であるホスホリパーゼやホルモン感受性リパーゼ(HSL)が促されて脂肪が分解されるので、脂肪の分解が進むと遊離脂肪酸がカラダの中に増えます。

オメガ6系脂質であるリノール酸やアラキドン酸のような炎症や発熱を生じる成分が体内にたくさんある人は、アラキドン酸から生成されるプロスタグランジンE2(PGE2)の代謝が盛んになり過ぎるため、ひどい頭痛や発熱が生じてしまうのです。

 

リノール酸はアラキドン酸に変わって炎症や発熱を生じるPGE2が生成されるのですが、このPGE2は生理痛や陣痛を生じる成分でもあります。

なので、生理の前に頭が痛くなったり生理痛がしたりするのは、PGE2が極端に分泌されている可能性が高いです。

ちなみに、ロキソニン、アスピリン、イブプロフェン系の鎮痛剤を服用すれば、PGE2の活動が抑制されます。

 

生理のときに頭痛がしたり生理のときの痛みがきつかったりする人は、ファスティングを行うと頭痛が生じることがよくあります。

このケースでの予防方法は、PGE2の活動を抑制するプロスタグランジンE3(PGE3)やプロテクチンD1などを生成するDHAやEPAのようなオメガ3系の脂質をいつも取り入れるようにしておけば、炎症や発熱が抑えられたり緩和されたりするでしょう。

オメガ3系脂質のEPAから生成されるPGE3そしてDHAから生成されるプロテクチンD1は、炎症や発熱を生じるPGE2の活動を生成するのでしっかりと摂取してくださいね。

 

ミネラル不足からくる脱水症状が原因

ファスティングを行っているときは、デトックス効果をアップするためにたくさんの水を飲むことが大切です。

でも、ナトリウムやカリウムなどのミネラルは、尿を排出するときに一緒に排出されてしまうのです。

また、ファスティングを行っているときは、汗をかいてデトックス効果をアップすることもポイントになります。

でも、汗を口にすると塩からいということからもわかるように、汗と共にナトリウムは流れ出ます。

 

尿から出ていくミネラルは、健康な腎臓の人なら副腎からナトリウムであるアルドステロンやカリウムが必要以上に出ていくのを防ぐために、再び吸収するホルモンが腎臓から分泌されます。

アルドステロンは副腎によって分泌され腎臓で活動するので、ミネラルであるナトリウムやカリウムなどが、適度な量が体内に残るように尿から排出されるようにコントロールされます。

でも、腎臓や副腎が健康でない場合はこの働きがスムーズにいかなくなってしまうため、尿からミネラルが必要以上に排出されるのをストップできなくなってしまいます。

すると、カラダは脱水状態となってしまうのです。

ファスティングを始めてから約3日ほどで、脱水状態になる人がよくいます。

 

副腎が健康でない人は、副腎が疲れていたりストレスが溜まっていたり、甘い物や糖分が多い物、そしてクッキーのような小麦が含まれた物をよく食べるという傾向があります。

また、添加物を取りすぎる人、糖尿になる可能性が高い人、尿の蛋白が陽性の人、尿酸値が高い人、痛風になる可能性が高い人、高脂血症のように血液状態が良くない人なども副腎が健康でない人が多いです。

腎臓や副腎が健康でない場合は、せっかくたくさん水を摂取しても体内に水をキープするナトリウムやカリウムなどのミネラルが少なくなってしまうため脱水症状が起こるのです。

では、脱水症状が起こるとどのような症状が出るのかご紹介しておきますね。

 

  • 頭が痛くなる
  • 喉が乾く
  • 悪心がする
  • 手や足が震える
  • めまいやふらつきを感じる
  • 脈が上がる

 

ファスティングを開始してから約3日で上記のような症状が出た場合は、注意する必要があります。

熱中症によって死に至ることもあるため、命に関わることもあるからです。

人間のカラダの中からミネラルであるナトリウムやカリウムなどが消えるというのはかなりのストレスになるので、腎臓でナトリウムやカリウムの排出がコントロールされたり再吸収されたりするのです。

塩を取らないようにしてアルドステロンの分泌をアップさせ、機能しなくなっていた働きを蘇らせるという健康法もあるのですが、健康な人が行う方法なので気をつけてくださいね。

 

塩抜きダイエットが人気となった時期がありましたが、このダイエット方法はかなりのリスクを伴うのでおすすめできません。

実際に、私はボディビルの大会に出場したときに塩抜きをしたことがあります。

でも、ダイエットのために知識のない人が塩抜きをするのは、かなりクレイジーな行為だと思います。

何度も言いますが非常に危険なダイエット方法になるので、素人の人が塩抜きダイエットをするのは控えましょう。

 

ファスティングを開始すると最初の2日くらいは、肝臓や腎臓にどうしても負担をかけてしまいます。

なので、塩抜きをすると余計に肝臓や腎臓に負担をかけることになるため、腎臓や副腎が健康でない場合はかなりのリスクを伴うでしょう。

ファスティングを行うときは肝臓や腎臓への負担を少なくするために、色々なミネラルが配合されたまがい物ではない塩を取り入れるようにしてくださいね。

田中式ホリスティックファスティングは、色々なミネラルが含まれていて高い還元力がありデトックスに必要な硫黄が含まれているマグマソルトとたっぷりのミネラルが含まれている梅干しを摂取するファスティングになります。

 

色々なミネラルが含まれているヒマラヤブラックソルトから出来たまがいものではないミネラル酵素梅干しを取り入れると、梅干しの酸によって腸内の環境が整えられます。

また、血液もキレイになります。

紫蘇にはビタミンC、鉄分、ミネラルが含まれているので、さらなるダイエット効果が期待できるファスティングと言えるでしょう。

偽物ではない本物の梅干しは、高い還元力があります。

なので、カラダが酸化に偏っていても整えられるし、アンチエイジング効果も期待できますね。

 

ゲルソン療法は塩を摂取しないからファスティングを行うときも塩を摂取しないほうがいいと考える人もいますよね。

でも、ゲルソン療法ではナトリウムが野菜に含まれているので、少量でありますが塩を摂取しているのです。

ファスティングを行うときは必ず塩を摂取する必要があるということではありません。

でも、健康状態に応じてほんの少しだけでも塩は摂取するほうが良いでしょう。

もし塩の摂取を減らしたいのならファスティングを開始してすぐに減らさずに、肝臓や腎臓の状態が平穏になった3、4日目くらいから減らすことをおすすめします。

 

ファスティングに対する緊張などが原因

よく病は気からと言いますよね。

それと同じで、ファスティングを行うときの気持ちによって頭が痛くなることもあるのです。

緊張したらお腹がゆるくなる人やレモンを見ると唾液が出てしまう人などがいるように、想像しただけでカラダは反応してしまうのです。

なのでファスティングをするときに、頭痛がしたら嫌だなとか倒れたらどうしようなどと考えてあまりにも緊張してしまったら、準備食期間に頭が痛くなってしまう人もいます。

このケースでは、ファスティングが終了してダイエットに成功した様子などを想像するようにして、緊張しないようにすることが頭痛の予防方法になります。

リラックスした気分でファスティングを行ってくださいね。

 

ファスティングを行うときの頭痛の予防策

ファスティングを行うときに頭が痛くなるのを防ぐには、食生活を見直すことが非常に大切です。

規則正しく健康的な生活をしている場合は、ファスティングを行って頭が痛くなることはないでしょう。

でも、不健康な生活習慣を送っている場合は、加工食品、小麦グルテン、スナック菓子、甘い物、トランス脂肪酸、酸化した油などは摂取しないように心がけてくださいね。

また、炎症を抑える効果があるDHAやEPAのオメガ3系脂質を積極的に摂取するようにして、肝臓や腎臓や血液にプラスになる食生活をすることが重要になります。

 

さらに、マグネシウムサプリを摂取すると偏頭痛が和らぐため、マグネシウムを取り入れることもおすすめします。

継続する期間は人によって異なりますが、2週間~1ヶ月くらいはグルテンフリーにしたり1日の食事を1食にしたりしましょう。

そして、動物性のタンパク質を摂取せず生野菜をたっぷり食べるようにすると、ファスティングがスムーズに進むはずです。

 

好転反応を軽視しない

体調が悪くなるときは、何か原因があります。

そのため、体調が悪くなったときに好転反応だから大丈夫だと軽く考えないようにして、体調が悪くなった原因を探るようにしてくださいね。

そして、予防や対処を行うようにすればファスティングを安全に行うことができるでしょう。

特に初めてファスティングを行う場合は、プロの人から指示をもらいながらファスティングを行うようにすると安心ですね。

 

ファスティングをすると必ず頭痛が生じる?

ファスティングを行って、頭痛が生じる人と生じない人がいます。

なので、ファスティングを行うと必ず頭痛が生じるというわけではありません。

さきほどもお伝えしましたが、規則正しく健康的な生活をしている人やカフェインを摂取しない人などは、ファスティングを行っても頭が痛くなることはありません。

また、不健康な生活を過ごしている人でも、カラダが強ければ大丈夫です。

 

ファスティングを行って頭が痛くなる人は、ファスティングの初心者に多いです。

なので、2回目からのファスティングで頭が痛くなる人はかなり少なくなります。

このことは、ファスティング初心者で5日以上のファスティングに挑戦した人たちの統計からわかっています。

ただ、いくら2回目以降のファスティングでも、食生活の見直しをすることなく今までと同様の不健康な生活習慣を続けている人や蓄積の頻度が多い人は、やや頭が痛くなるでしょう。

 

でも、初めてのファスティングのときより頭痛は軽度だし痛みもすぐになくなるので、安心してくださいね。

2回目のファスティングや3回目のファスティングでも頭が痛くなってしまう場合は、マグネシウムを摂取する量を増やすことをおすすめします。

実際にマグネシウムの摂取量を増やして頭痛が落ち着いた人はたくさんいるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ

ファスティングを行っているときに生じる頭痛の原因やそれぞれの原因への対処方法や予防法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ファスティングを行って頭が痛くなるのは好転反応だからだと軽く考えないようにして、頭痛が生じる原因を探って対処方法や予防法を実践することが大切です。

特に、初めてファスティングを行う人や不健康な生活習慣を送っている人は、ファスティングを行うと頭が痛くなりやすいので注意してくださいね。

安全なファスティングを行って、ファスティングダイエットをスムーズに成功させましょう!

 







よく読まれている記事

★最安値公式サイトはコチラ!★★




★大人気ベルタこうじ生酵素はコチラ!★




★最安値公式サイトはコチラ!★
大人気コンブチャクレンズ!


-ダイエット, ファスティング

Copyright© 人気オススメ酵素ドリンクランキング【2019】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.