最強の酵素ドリンクはベルタ酵素で決まり?人気の酵素ドリンクの口コミや効果を検証します!

人気オススメ酵素ドリンクランキング【2019】

ダイエット ファスティング

ファスティングのリバウンドを防ぐには【回復食】が重要!?痩せるオススメ食材とは?最後まで気が抜けない注意ポイント!

投稿日:





ファスティング(断食)を行うときは、正しいやり方で行わなければダイエットに失敗してしまいがちです。

特にファスティングに初めてチャレンジする場合は、間違ったやり方でファスティングを行ってしまう人も少なくないので気を付けてくださいね。

ファスティングダイエットをリバウンドなしで成功させるためには、食事を取らないことだけがポイントではありません。

 

ファスティングが終了してからの回復食を設けることも、ダイエットを成功させるために非常に大切なポイントなのです。

回復食の期間を含めてのファスティングダイエットなので、全ての流れを正しくこなせばファスティングの効果をしっかりと感じることができるでしょう。

そこで今回は、ファスティングを行うときの基本知識や回復食を含めたリバウンドを防ぐための注意ポイントなどを詳しくご紹介していきますね!

 

ファスティングに必要な回復食について

ファスティングにチャレンジしようとしている人は、一定の期間食事を取らなければファスティングに成功すると考えている人もいます。

でも、そのような考えでファスティングを行ってしまうと、残念ながらダイエットに失敗したりリバウンドが起きたりしてしまうでしょう。

ファスティングは終了後も気を抜いてはいけません。

回復食期間を含めてファスティングになるので、ファスティングを行う前に回復食について知っておくことはとても大切です。

ではさっそく、回復食について詳しくご紹介していきますね!

 

回復食期間は4日以上を推奨

ファスティング終了後に取る食事のことを、回復食と言います。

ファスティング終了後は胃には何も入っていないので、いきなりいつもの食事をしてしまったら胃にかなりのダメージを与えてしまいます。

せっかく行ったファスティングの効果も実感しにくくなってしまうので、回復食期間を設けて徐々に胃をいつもの食事へと慣らしていきましょう。

ファスティングを行った日数に関わらず、4日以上の回復食期間を設けてくださいね。

 

ダイエット目的の回復食に炭水化物はNG

ファスティングを美容目的、健康目的、あるいは精神を磨くために行う人もいます。

このケースでは、胃に刺激を与えないお粥や重湯を回復食としてよく食べます。

断食道場などでも、お粥や重湯が利用されていますよね。

でも、ファスティングを痩せるために行っているケースでは、回復食としてお粥や重湯を食べるのはおすすめできません。

 

それはどうしてかというと、お粥や重湯のような炭水化物を食べてしまったらリバウンドが生じる可能性が高まるからです。

せっかくファスティングで痩せたのにリバウンドしてしまったらがっかりですよね。

なので、ファスティングをダイエット目的で行うケースでは、回復食を工夫しなければなりません。

 

よく咀嚼して回復食を食べる

よく噛んで物を食べるというのは食事の基本だし、消化もしやすくなりますよね。

ファスティング終了後の回復食を食べるときも、よく咀嚼することはとても大切になります。

しっかりと食べ物を噛んだら消化しやすくなるので、ファスティング終了後の空っぽの胃に与えるダメージが最小限になるからです。

 

乳酸菌と食物繊維を取り入れる

ファスティングが終わってからの回復食には、乳酸菌や食物繊維を取り入れることをおすすめします。

断食道場でもよく食物繊維や乳酸菌が回復食に使用されていますよね。

また、ファスティングが終わってからの回復食としてこれらを摂取すれば、ファスティングの効果を実感しやすくなるでしょう。

 

魚や肉のダシからたんぱく質を摂取

回復食としてたんぱく質もおすすめですが、たんぱく質の摂取方法としては魚や肉のダシから取り入れるのが良いでしょう。

ファスティングが終わってすぐに魚や肉を食べると、胃にダメージを与える原因になってしまうからです。

なので、魚や肉のダシをスープとして飲むようにすれば胃への負担も最小限になります。

 

回復食期間に注意すること

何度もお伝えしているように、ファスティングを失敗させないためには回復食期間を設けることがとても大切です。

頑張ってファスティングを行ったのに、回復食期間を怠ったり失敗したりしてしまったらせっかくの効果を実感できなくなってしまいます。

そこでここでは、回復食期間に注意することをご紹介していきますので、ファスティングを失敗しないためにぜひチェックしてみてくださいね。

 

回復食に肉や魚はNG

肉は回復食としてNGだということはわかっていても、魚はOKだと思っている人がいます。

でも、回復食としては肉だけでなく魚もNGになるのです。

肉も魚も動物性たんぱく質なので、摂取すると胃酸が分泌してしまうからです。

胃酸が突然たくさん分泌されると、胃にかなりのダメージを与えてしまうでしょう。

そうなると、胃が痛くなってしまうこともあります。

肉や魚を食べるのは、胃が食べ物に慣れてからにしてくださいね。

 

添加物、カフェイン、グルテン、カゼイン、精製糖を摂取しない

回復食として、添加物、カフェイン、グルテンなども控えるようにしましょう。

これらの成分に含まれる液糖が、腸の環境を乱してしまうからです。

腸内環境が乱れてしまったら、せっかくのファスティングの効果が実感できにくくなります。

回復食としてオリゴ糖や乳酸菌はおすすめしますが、カゼインや精製糖は取らないように気を付けてくださいね。

 

ファスティング終了後に食べ過ぎない

ファスティングが終わると普段よりも食欲がアップしてしまうので、特によく食べる人は食欲が非常に増えてしまいます。

なので、ついたくさん食べてしまいがちなのですが、ファスティングを終了してすぐ食べ過ぎてしまったらせっかくのファスティングの効果が実感できなくなってしまいます。

そのため、ファスティングが終わったら食べすぎないように気を付けることも大切です。

 

ファスティング終了後は薄い味付けでOK

ファスティング終了後は、味覚がいつもより敏感になります。

そのため、濃い味付けの食事ではなく薄い味付けの食事にすることをおすすめします。

ファスティング終了後は味が薄くても美味しく感じるので、濃い味付けにせずに薄味で食べるほうが健康にも良いですね。

 

おすすめの回復食の献立

では、おすすめの回復食の献立をご紹介していきますね。

回復食として何を食べたらいいのかわからない人は、特に参考してみてください。

 

人気ナンバーワンのスッキリ大根

回復食として一番人気のスッキリ大根は、ファスティング終了後の腸をキレイに洗浄してくれます。

また、スッキリ大根を食べればリバウンドすることもめったにありません。

 

野菜の甘みたっぷりの野菜スープ

次におすすめするのは、野菜の甘みを活かした薄味の野菜スープです。

ファスティング終了後は味覚が敏感になっているので、いつもは感じることができない野菜本来の甘味を楽しむことができます。

また、胃に与えるダメージも最小限に抑えられるでしょう。

 

ダイエット目的以外なら重湯からお粥

ダイエットのためにファスティングを行う場合は、炭水化物である重湯やお粥は回復食としておすすめできません。

でも、それ以外の目的でファスティングを行う場合は、回復食として重湯やお粥はベストの献立になります。

 

酵素ドリンクは回復食にも適している

今話題となっている酵素ドリンクはファスティングを行うときに使用されますが、実は、酵素ドリンクは回復食としてもおすすめなのです。

酵素ドリンクにはいろいろな風味のものが販売されているので、好みのものを回復食として飲んでみるのも良いですね。

 

大豆が含まれている納豆、味噌汁、湯豆腐

回復食の献立として、大豆が含まれている納豆、味噌汁、湯豆腐なども良いでしょう。

植物性たんぱく質のリーダーである大豆は、胃にダメージを与えることもありません。

 

ファスティング終了後の回復食期間が必要な理由

ここまで回復食についていろいろとご紹介してきましたが、

 

「ファスティング終了後の回復食って、どうしてそんなに大切なの?」

 

と不思議に思っている人もいるかもしれませんね。

先ほどもお伝えしましたが、ファスティングを行うときは回復食期間が終了するまでが一連の流れとなっています。

そして、回復食期間を設けることがファスティングの成功につながると言っても言い過ぎではないくらいです。

ではさっそく、ファスティング終了後の回復食期間がどうしてここまで大切なのかご紹介していきますね。

 

回復食がリバウンドを防ぐ

ファスティングを行う人は痩せることが目的という人が多いのですが、ダイエットをするときに気になるのがリバウンドですよね。

でも、ファスティングが終わってから回復食期間を設けるようにすれば、リバウンドを防ぐことができるので安心してくださいね。

 

ファスティング終了後の繊細な胃腸の負担を防ぐ

ファスティングを終えたときは、胃腸が非常に繊細になります。

ファスティングを行った期間によるところもあるのですが、けっこうハードなファスティングを行った後は胃腸がかなり繊細になります。

そのような状態の胃腸に突然いつもの食べ物が入ってきたら、胃腸にかなりのダメージを与えるということは想像できますよね。

また、胃腸にダメージが与えられると胃痛を感じることもあります。

でも、回復食期間を設ければ胃腸へのダメージが最小限に抑えられるので、ファスティング終了後の回復食はとても大切になります。

 

ファスティング後の食べ過ぎを防ぐ

ファスティングを終了すると、食欲がいつもよりも旺盛になってしまいます。

そのため、ついたくさん食べてしまいがちなのですが、せっかくファスティングを行っても食べ過ぎてしまったらファスティングの効果が発揮されにくくなってしまうでしょう。

また、胃腸にもかなりのダメージを与えてしまいます。

でも、回復食を食べるようにすれば量が抑えられるので、ファスティング終了後に食べ過ぎてしまうのを防ぐことができるのです。

 

回復食でリバウンドをしないポイント

ネット上の口コミなどをチェックしてみると、

 

「ファスティングが終わってからリバウンドが起きた!」

 

という人がけっこういることがわかります。

どうしてリバウンドが起きてしまったのかというと、ファスティングが終了してからしてはいけない行為をしてしまったからでしょう。

ということでここでは、回復食期間を設けてリバウンドを防ぐためのポイントをご紹介しておきますね。

 

ムリなファスティングは回復食の食べ過ぎの原因に

ムリなファスティングを行ってしまうと、ストレスが溜まりやすくなるので注意が必要です。

ファスティングを行うとそれだけでも空腹感を感じるのに、それを我慢し続けたらストレスが溜まってしまうというのも納得できますよね。

でも、ストレスが溜まってしまうと回復食を食べ過ぎる原因になってしまいます。

いくら回復食でも食べ過ぎてしまうのは良くないし、回復食の食べ過ぎはリバウンドの原因にもなってしまいます。

なので、回復食を食べ過ぎないように気を付けましょう。

 

回復食を自炊して作りすぎたら食べ過ぎの原因に

自分で回復食を作ると、作り過ぎることはよくあります。

作り過ぎてしまうともったいないからと思ってつい食べてしまいがちなので、回復食の食べ過ぎとなってしまいます。

回復食を自分で作りたいと考えている人は少なくないと思いますが、回復食の食べ過ぎを防ぐことを考えたら自炊は避けたほうが良いでしょう。

もったいないからと言って作り過ぎた回復食を食べ過ぎてリバウンドが起きたらガッカリですよね。

なので、回復食はお店などで購入できる酵素ドリンクなどを利用するようにしましょう。

 

レトルトの回復食ならカロリー計算が便利

レトルト食品を回復食として利用すれば、手軽にカロリー計算ができるので便利です。

回復食を自分で作るとなると、カロリー計算をするのは簡単ではありませんよね。

なので、回復食にレトルト食品を活用するのもおすすめです。

 

豊富な回復食が揃うコンビニ

実は、コンビ二にはたくさんの回復食が揃っているって知っていましたか?

コンビ二には回復食に適しているサラダ、おでん、豆腐、納豆、味噌汁などが販売されています。

また、近所のコンビニで手軽に回復食が購入できるというのも嬉しいですよね。

自分で手間をかけて回復食を作らずに、食べきることができる量の回復食を手軽にコンビニで購入するのもおすすめです。

 

まとめ

ファスティングを行うときの基本知識や回復食を含めたリバウンドを防ぐための注意ポイントなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ファスティングが終了してから回復食期間を設けることが、ダイエットに成功するためのポイントだということがおわかりいただけたと思います。

回復食に適した物を取り入れて食べ過ぎや胃腸へのダメージを防いで、リバウンドの起きないファスティングダイエットを行いましょう!







よく読まれている記事

★最安値公式サイトはコチラ!★★




★大人気ベルタこうじ生酵素はコチラ!★




★最安値公式サイトはコチラ!★
大人気コンブチャクレンズ!


-ダイエット, ファスティング

Copyright© 人気オススメ酵素ドリンクランキング【2019】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.